ハリー・ポッター

2018年5月2日

投稿日:

今日5月2日は、ホグワーツの戦いの日。
物語では、1998年の出来事として書かれていますから、
今年2018年は、あの日から20年経ったということになります。

スネイプ教授が命を落としてから、今日で20年。

私はポッタリアンだなんて恐れ多くて言えないし、
ハリー・ポッターシリーズは偏った側面しか知らないけれど、
今日は、1年に1回しかない5月2日。
映画『ハリー・ポッターと死の秘宝Part2』を観て過ごしました。

スポンサーリンク



何回観ても、この、最終章は涙なしでは観られない…!
やっぱりやっぱり、スネイプ教授には生きていてほしかった。
特に映画のスネイプ教授は、
リリーへの愛や贖罪だけではなく、
ホグワーツやホグワーツの生徒たち(ハリーも含めてね。)へ愛を注ぐ人に思えたし、
本人ももっと生きたかったのではないか、と感じてしまうのです。

ひとつの愛を貫いた姿は、どうしたってアラン・リックマン本人と重なるし、
アラン本人も亡くなってしまった今、せめてスネイプ教授だけでも生きている世界を想像したかったな。

おやすみなさい、スネイプ教授。
良い夢を。

スポンサーリンク

-ハリー・ポッター

Copyright© 映画好きのひとりごと , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.